【副業】初めてのクラウドワークス(登録方法・仕事探しまで徹底解説①)

2018年12月29日

こんにちは、坂本です。

快適なニートライフをお過ごしでしょうか。

今回はクラウドソージングの大手サイトである「クラウドワークス」の使い方について解説していきます。

クラウドワークスとは


クラウドワークスは、ユーザー数、仕事依頼数、ともに日本最大級のクラウドソーシングサービスです。仕事を依頼したい「クライアント」と、多様なスキルと実績を持った働き手「クラウドワーカー」が、オンラインでマッチング。仕事の始まりから終わりまで、やりとりがすべてインターネット上で完結するため、時間と場所にとらわれず、スピーディに、必要なだけ、仕事を頼んだり、働くことができます。

クラウドワークスのサイトから引用

ということです。

え、よくわからないって?

個人でが仕事の募集をできる求人サイトだと思えばOKです。

たまに企業さんも混ざっています。

仕事単位で求人があるので、ひとつの仕事が終わればお金がもらえます。

バイトよりも身近に働ける場所です。

ちょっとした暇な時間にお仕事ができるので主婦の方やニートの方、もしくは週末に稼ぎたい人にはおすすめです。

どんな種類の仕事があるか

クラウドワークスの求人には、基本的になんでも存在します。

というのも、個人・企業が募集する内容に特に制限がないからです。

クラウドワークスでは依頼できる仕事カテゴリーは200種類以上あります。

主に求人が多いカテゴリは下記の5つです。

  • ライティング・記事作成
  • データ入力
  • アンケート調査
  • システム開発
  • 翻訳

様々な分野があるので、スキル不要・経験不問の仕事をすることができます。

家に居ながらもお金を稼ぐことができるのでお得です。

クラウドワークスへの登録方法

クラウドワークスのトップページから登録します。

①トップページの「会員登録する」ボタンを押下

②メールアドレスを入力して、会員登録ボタンを押下

③2~3分ほどで入力したアドレスにメールが来るので、メール本文内のリンクをクリック

④プロフィールを入力する欄に必要な情報を入力

上記手順を行えば、登録完了です。

仕事の応募方法については次の記事で紹介します。