プチ整形で八頭身を目指す女性が急増

社会に於けるファーストインプレッション効果絶大なのがプチ整形で手軽かつ安価で実現できる小顔施術。

これが何と人気№1である。

私の手元に術後体験を綴った冊子がある。

体験談だが、皆一様に大満足の様子なので、ちょっと概要をさぐってみる。

何れも20才から30才の女性だが、文面から喜びの声がつたわってくる。

A(20代女性)即効性があり、施術中顔の輪郭が目に見えて変化するのがわかりました。

B(30代女性)私の場合、術後少し腫れたように感じましたが、その後序々にスッキリしてきました。

もつと早くやれば良かったと思いました。

なにより嬉しかったのは、友達に「痩せたようね」

と言われたことです。

C(30代女性)噂は聞いていたが、いくらプチ整形でも何となく怖い感じがありましたが、思い切ってトライしました。

結果ですが、こんなに効果が出るなんてビックリしました。

私は目が小さく何時も気にしていましたが、顔が小さくなったことでバランスがとれて美人になったような気分です。

等々、まるでプチ整形外科のコマーシャルのようだか、どうやら本心のようだ。

こうして見てみるとプチ整形は良い事ばかりという印象だが、もろ手を挙げてベタ褒めとはならない。

当然トラブルもある。

原因は雑多だが、どんな事にでも不具合は付き物だ。

たかがプチ整形と侮っては痛い目にあうこともある。

或るご婦人の話だが、日ごろから鼻が低いことにコンプレックスを持っていた。

体験者に相談すると大丈夫よということで施術に挑んだ。

術後よく見ると成るほど鼻自体は高くなっているがどうも変形しているようだった。

気になって仕方がない。

そこで元に戻したいと思い再度クリニックの門を敲く結果になったが、元には戻らずそのまま我慢しているという。

又、或る50代の女性、顔のシワを伸ばすためプチ整形でコラーゲン注射したが、彼女の体質に合わず難儀したという例もある。

このように、簡単・安価、失敗皆無などと宣伝文句一杯だが、施術医院サイドの能力、又は、受ける側の体質や体調など事前に十分なチェックを忘れてはならない。

施術を受ける場合は、体験者の成功談にばかり気をとられず、失敗談にも耳を傾ける努力が必要だ。